イベント情報

講演会・一般公開・所内見学・談話会

一般公開

 

■ 平成28年度一般公開「ななつの海の研究者たち」

■ 平成28年度一般公開横浜庁舎

■ 平成27年度一般公開「知られざるサメの生態と漁業」

■ 平成26年度一般公開「マグロやカツオはどこから来るの?」

■ 平成25年度漁業調査船「俊鷹丸」一般公開

→以前の一般公開はこちら

■ 研究所の外観変遷

 

所内見学

 

■  折戸生涯学習交流館主催の小学生体験教室が開かれました。(平成28年8月3日)  

■ マリンアクセス株式会社の皆さまが来訪されました。 (平成28年5月16日)

■  ベトナム科学技術院衛星リモートセンシング研究推進者の一行が来訪されました。(平成28年4月14日)

■  平成27年度漁港漁場漁村現地研修会御一行が来訪されました。(平成28年2月16日)

■  マリンアクセス株式会社御一行が来訪されました。(平成27年9月8日)

■  小山展弘衆議院議員の視察がありました。(平成27年8月25日)

■  折戸生涯学習交流館主催の小学生体験教室が開かれました。(平成27年8月17日)

  はごろもフーズ株式会社御一行(会長ほか計9名)が来訪されました。(平成27年7月30日)

  モーリシャス共和国政府要人が来訪されました。(平成27年7月1日)

■ マダガスカル共和国政府要人が来訪されました。(平成26年12月11日)

 

→以前の所内見学はこちら

 

会議・講演会・出展 等 (平成28年度)

 

■  大西洋まぐろ類保存国際委員会(ICCAT)科学委員会が開催されました。(平成28年9月26日~10月7日)

■  清水港マグロまつり2016に出展の報告を掲載しました。(平成28年10月9日)

■  中西部太平洋まぐろ類委員会第12回科学委員会(WCPFC-SC12)が開催されました。(平成28年8月2日~11日)

■  「北太平洋まぐろ類国際科学委員会(ISC)」が開催されました。(平成28年7月8日~18日)

 


談話会

 

第115回:(平成28年12月8日)

「時系列間の因果関係推定法(Convergrnt cross mapping)の水産・海洋データ解析適用に関する研究要旨について」

演 者:中山 新一朗(中央水産研究所・CREST研究員)

第114回:(平成28年12月2日)

「海外漁業協力財団の資源管理コースの研修のために来日し、11月28日から国際水研で研修を受講した4名の自己紹介」

演 者: OFCF研修の研修生4名

第113回:(平成28年11月18日)

「"NOAA's National Marine Fisheries Service: Conducting Fisheries and Environmental Science for Management Needs" 」

演 者: Siri Hakala (マンスフィールド財団 研修生、NOAA Pacific Islands Fisheries Center)

第112回:(平成28年7月19日)

「世界のメバチ資源、特に中西部太平洋資源をめぐる特徴的な状況について」

演 者: 長畠大四郎氏 (責任あるまぐろ漁業推進機構専務)

第111回:(平成28年5月17日)

「国際水研に新たに加わった研究者による自己紹介を兼ねた研究紹介(パート2)」

演 者: くろまぐろ資源部 津田・福田、かつお・まぐろ資源部 大橋・千葉

第110回:(平成28年5月11日)

「国際水研に新たに加わった研究者による自己紹介を兼ねた研究紹介(パート1)」

演 者 : くろまぐろ資源部 塚原、 かつお・まぐろ資源部 木下、 外洋資源部 前田・佐々木

第109回:(平成28年4月26日)

講演タイトル:Estimation of swimming depth of bigeye tuna from archival tag data: relationships with environmental variables and CPUE data (アーカイバルタグデータからのメバチの遊泳推進の推定:環境変数およびCPUEデータとの関連性について)

演者: John Hampton博士  SPCの OFP(The Oceanic Fisheries Programme )の責任者。

 

→以前の談話会はこちら