トピックス

ビンナガ来遊資源動向

夏季に竿釣り漁業が対象とするビンナガ来遊資源動向について検討しました。はえ縄CPUEと竿釣CPUEとに有意な相関関係が得られていないため、平成 19年以降、竿釣りによって漁獲されるビンナガの来遊動向予測を実施していませんが、来遊に関連する基本的な漁業情報を提示することは重要と考えています。なお、本資料の作成にあたって、全国近海かつお・まぐろ漁業協会、JAFIC焼津漁業協同組合、気仙沼漁業協同組合、勝浦漁業協同組合、各県水産研究機関(和歌山県、宮城県)、国際水産資源研究所焼津作業室のご協力と資料提供を頂いております。ここに記して感謝申し上げます。

□ 2019年竿釣り漁業が対象とするビンナガ来遊資源の動向
  ○伊豆列島西漁場におけるまぐろはえ縄漁業によるビンナガ年齢別CPUEと体長組成
  ○平成30(2018)年竿釣りビンナガ漁況経過、年齢別漁獲個体数および年齢別豊度の推定
□ 2018年竿釣り漁業が対象とするビンナガ来遊資源の動向
□ 2017年竿釣り漁業が対象とするビンナガ来遊資源の動向
□ 2016年竿釣り漁業が対象とするビンナガ来遊資源の動向
□ 2015年竿釣り漁業が対象とするビンナガ来遊資源の動向
□ 2014年竿釣り漁業が対象とするビンナガ来遊資源の動向
□ 2013年竿釣り漁業が対象とするビンナガ来遊資源の動向
□ 2012年竿釣り漁業が対象とするビンナガ来遊資源の動向
□ 2011年竿釣り漁業が対象とするビンナガ来遊資源の動向