マガリハダカ(Symbolophorus evermanni

耳石の形状

OL/OH=1.2。全体に卵形。幅広の嘴状突起が突出するが、上部嘴状突起は小さく短い。周縁には鈍鋸歯がある。周縁のエッジは厚く鈍い。耳石の表面は滑らか。外側への反り返りは少なく、耳石の内面はほぼ偏平。

混同しやすい他種

ナガハダカは非常に似ているが、耳石高がやや低い。ナガハダカの方が上部嘴状突起が比較的顕著にある。ナガハダカの方が北側に分布する。

分布と生態

太平洋、インド洋の温・熱帯域に分布。昼間は600-90m層、夜間は0-ca.100m層を中心に分布する。