オオセビレハダカ(Notoscopelus caudispinosus)

耳石の形状

OL/OH=1.8。全体に長卵形。幅の広い短い嘴状突起と不明瞭な短い上部嘴状突起がある。周囲に鋸歯がある。

混同しやすい他種

ハダカイワシ属の一部が似ているが、上縁には鋸歯が無く、浅い後部開口切刻が入ることが多い。また、オオセビレハダカの方が全体にやや長細い。

分布と生態

太平洋、インド洋、大西洋の亜熱帯・熱帯海域に分布。昼間は600-700m層、夜間は70-130m層に分布中心がある。