イバラハダカ(Myctophum spinosum

耳石の形状

OL/OH=1.2 。全体に五角形。嘴状突起と上部嘴状突起は短く小さい。前部開口切刻部は浅いが明瞭。大型のものは切刻部が消失する。周縁には鈍鋸歯があるが大型のものではほとんどない。上部嘴状突起から上縁部へは直線的に続く。下縁は前方より斜め下方へ直線的に伸び、中央よりやや手前で急に斜め上方へ曲がる。下縁後方はほぼ90度ほどの角度で後縁部へ曲がり、曲がり角がほぼ耳石後端に位置する。

混同しやすい他種

ヒサハダカと酷似する。識別は困難だが、嘴状突起より上縁へ上がる線がヒサハダカの方がやや緩やかに立ち上がる。ドングリハダカ属(Hygophum)は周縁の鈍鋸歯がないか不明瞭。また、前部開口切刻部が大きく開く。ウスハダカとも似るが周縁の鈍鋸歯がより細かい。

分布と生態

太平洋、インド洋、大西洋の熱帯域を中心に分布する。昼間は600m層前後に分布中心があり、夜間は0-15m層に浮上する。