アラハダカ(Myctophum asperum

耳石の形状

OL/OH=1.5。全体にやや横に細長の菱形、または5角形。嘴状突起と上部嘴状突起は小さいが、鋭く切れ込む前部開口切刻部を形作る。下縁は前方より斜め下方へ直線的に伸び、中央よりやや手前で急に斜め上方へ曲がる。下縁全体に鈍鋸歯がある。下縁後方はほぼ90度ほどの角度で後縁部へ曲がり、曲がり角がほぼ耳石後端に位置する。

混同しやすい他種

他のススキハダカ属(Myctophum)は耳石長が短く、OL/OH=1.2。小型のハダカイワシ属(Diaphus)は耳石後縁が丸く、アラハダカのように尖らない。また下縁は緩やな曲線状。

分布と生態

太平洋、インド洋、大西洋の温・熱帯域に広域分布する。昼間200m以深の中層に生息し、夜間には0m層まで浮上する。