マメハダカ(Lampanyctus jordani

 

耳石の形状

OL/OH=1.0-1.3。全体に円形から楕円形。小型のものは嘴状突起上部嘴状突起ともにほぼ同大同型で明瞭だが、大型のものでは突出は短くなり、先端は鈍くなる。特に嘴状突起は上部嘴状突起に比べて幅広になり、先端はほぼ平らになる。小型のものでは周縁に鈍鋸歯がある場合もあるが、大型のものでは突起はない。表面は滑らかで、内面はほぼ偏平。

混同しやすい他種

セッキハダカ属、オオメハダカミカドハダカはともにどれも耳石長が短かい。

分布と生態

西部北太平洋亜寒帯水域、ベ-リング海を中心に分布し、親潮潜流、黒潮中・深層水を南下して日本近海では北緯30度付近まで出現。昼間400-700m層 (2-4℃)、夜間200-700m層 (2-7℃) を中心に分布する。