シロハナハダカ(Diaphus perspicillatus

耳石の形状

OL/OH=1.3。全体に卵形。基部の幅が広い嘴状突起で、先端は尖る。上部嘴状突起はやや小さく、先端は尖る。上部嘴状突起から上縁にかけてはほぼ直線状に続くか、ややへこむ形で非常に緩く曲がる。後部開口切刻部は浅いが大型個体では明瞭。下縁には鋸歯が並ぶ。

混同しやすい他種

他のハダカイワシ属に似たものがあるが、上部嘴状突起の大きさと前部開口切刻部の深さ、後部開口切刻部の深さ、下縁の鋸歯に注意して識別する。特にクマドリハダカと似るが、クマドリハダカの方が前部開口切刻部が狭く、全体にやや細い。

分布と生態

太平洋、大西洋、インド洋の温・熱帯域に分布。夜間には中層から60-150m層に浮上する。