クロシオハダカ(Diaphus kuroshio)

耳石の形状

OL/OH=1.3。全体に卵形。嘴状突起は基部が広く短い。上部嘴状突起は小さいが明瞭で、小さな前部開口切刻部を作る。上縁は丸く盛り上がり、後半に不明瞭な後部開口切刻部がある。下縁は丸く、小歯状突起が数個並ぶ。

混同しやすい他種

他のハダカイワシ属に似たものがあるが、本種は耳石高がやや高く、上部嘴状突起が他種のものに比べて小さいこと、下縁に小歯状突起があることで識別する。

分布と生態

黒潮とその隣接海域に分布する。昼間は200-300m層、夜間は0-100m層内に分布中心があることが相模湾に於いて報告されている。