エビスハダカ(Diaphus brachycephalus

耳石の形状

OL/OH=1.3。全体に卵形。基部の広い嘴状突起があるが、上部嘴状突起は非常に小さく、前部開口切刻部は浅い。後部開口切刻部があるが、切刻の浅い個体もある。下縁には鋸歯がある。

混同しやすい他種

他のハダカイワシ属に似たものがあるが、多くの種では全体に本種に比べてやや細い。また、本種では後部開口切刻部が他種よりも後方に位置する。

分布と生態

太平洋、大西洋、インド洋の温・熱帯域に分布。昼夜それぞれ300-600m層、30-200mに分布する。