ゴコウハダカ(Ceratoscopelus warmingii)

耳石の形状

OL/OH=1.8-2.0以上。全体に長卵形または米粒形。鈍鋸歯が周縁にあるが、部位には個体差がある。上部嘴状突起はない。

混同しやすい他種

イカナゴ類は形態が非常に似るが、耳石の両面ともに丸みがある。ゴコウハダカでは内面はほぼ偏平で外面のみ丸みを帯びる。ソコイワシ類は、嘴状突起の突出が大きく、耳石長の1/3程度ある。

分布と生態

太平洋、インド洋、大西洋の温・熱帯域に分布。黒潮・親潮移行域では、昼間は300-500m層 (2-4℃) を中心に分布し、夜間には60-300m層 (4-13℃) に浮上する。ハワイ沖では昼夜それぞれ620-1000m層、15-140m層を中心に分布することが報告されている。