ミニシンポジウム「気仙沼と世界のサメ漁業を考える」に参加

 6月12日(火)に気仙沼魚市場大会議室において気仙沼市等の主催によるミニシンポジウム「気仙沼と世界のサメ漁業を考える -被災地気仙沼の漁業と水産加工業の復興のために-」が開催されました

 当所から中野秀樹くろまぐろ資源部長が参加し、サメ類の資源利用を巡る世界の動向を紹介するとともに、今後のサメ漁業・加工業の再生と復興について提言を行いました。

      提言者として論議を行う中野部長

    菅原茂気仙沼市長による主催者あいさつ