「漁業データ解析と生態系研究に関するミニワークショップ」を開催します

9月15日に独立行政法人水産総合研究センター 西海区水産研究所にて 【漁業データ解析と生態系研究に関するミニワークショップ】を開催します。

近年、生態系に基づく漁業管理の必要性が叫ばれ、水産資源や海洋生態系の長期的な変動履歴を踏まえた現状評価と持続的利用の実現が求められています。そうした研究ニーズに応えるためには、長期漁業データを新たな切り口から解析すること、資源調査を生態系モニタリングとしても活用することが重要であり、データの所在やモニタリングの内容、新たな解析手法などについて研究者間で一層の情報交換を図る必要があります。本ミニワークショップは、西海区水産研究所と遠洋水産研究所の研究者が中心となり、水産データを使った資源解析や生態系解析に関する研究事例を紹介するとともに、統計解析ソフトRを用いた一般化線形モデル(GLM)や一般化線形混合モデル(GLMM)の実習を行い、情報交換と研究交流を図ります。水産研究所以外の研究者の参加も歓迎します。

プログラム等の詳細については、西海区水産研究所HPを御覧ください。