「鯨類を中心とした北西太平洋の海洋生態系」シンポジウムのご案内

 平成22年11月21日(日)、9:00~18:00に東京海洋大学品川キャンパス白鷹館(東京都港区)にて「鯨類を中心とした北西太平洋の海洋生態系」と題されたシンポジウム(主催:水産海洋学会、後援:水産総合研究センター、日本鯨類研究所)が2010年度水産海洋学会研究発表大会の一部として開催されます。

 本シンポジウムでは日本政府が2000年から実施してきた第二期北西太平洋鯨類捕獲調査(JARPNⅡ)から明らかになった、高次捕食者として鯨類が海洋生態系に占める役割についての多方面の成果が発表されます。シンポジウムの詳細は、プログラムをご参照ください。

 なお、本シンポジウムへの参加は無料で登録制ではありませんが、準備の都合がございますので、可能であれば事前に、シンポジウム窓口(kujira.symp.2010@gmail.com)までご連絡頂けると幸いです。なお、併せて懇親会への参加をご希望の方も、11月11日(木)までに同窓口あてにご連絡ください。

 会場につきましては、2010年度水産海洋学会研究発表大会ホームページを参照願います。

 そのほか、ご不明な点は下記までお問い合わせください。

連絡先:

独立行政法人 水産総合研究センター

遠洋水産研究所 横浜駐在(担当:岩崎俊秀・金冶 佑)

〒236-8648 横浜市金沢区福浦2-12-4

電話:045-788-7507 FAX:045-788-5004