外洋資源部外洋いか研究室 若林 敏江研究支援職員が日本DNA多型学会優秀研究賞を受賞

当所外洋資源部外洋いか研究室所属 若林 敏江研究支援職員が平成21年11月19日(木)~20日(金)に久留米大学で開催された日本DNA多型学会第18回学術集会にて、日本DNA多型学会優秀研究賞を受賞しました。

日本DNA多型学会優秀研究賞は、日本DNA多型学会学術集会において発表された同学会の進歩発展または普及に貢献した研究に対して褒賞される賞で、「マイクロサテライトマーカーによるアルゼンチンマツイカ交接個体の個体識別」が対象となりました。