南極の海洋生物資源の保存に関する委員会(CCAMLR)統計評価モデリング作業部会(SAM)ほかが開催

平成21629日から717日まで、ベルゲン(ノルウェー)において南極の海洋生物資源の保存に関する委員会(CCAMLR)統計評価モデリング作業部会(SAM)、海上作業技術会合(TASO)、生態系モニタリング管理作業部会(EMM)が開催されました。当所から外洋資源部清田外洋生態系研究室長と瀧主任研究員が出席し、日本のメロ調査漁獲計画、オブザーバ配置、捕食者への影響を考慮したオキアミ漁業管理、生物情報に基づく海洋保護区の選定等について議論しました。


会議風景