計量魚群探知機の実務研修会が開催されました     (H28.1.19-22)

  水産総合研究センターでは、1996年より2009年まで、初心者を対象に、計量魚探機をツールとして使用できることを目的として、計量魚探機の実務研修会を開催してきました。当時は、中央水産研究所主催、水産工学研究所(水工研)が協力という形での開催でした。

 今回、水産試験場等からの要望に基づき、6年ぶりにこの魚探機の実務研修会を水産工学研究所が開催することとなりました。当所も共催者として加わり、EK60(SIMRAD)を装備した俊鷹丸を使用して、駿河湾で乗船実習を実施しました。

 乗船実習に先立ち、1月19日に、清水テルサ研修室にて、音響調査に係わる基本的な理論や実際について学び、世界標準的な解析ソフトウエア (echoview)の初級、中級レベルの実習を行いました。続く20日~22日の俊鷹丸乗船実習ではEK60を使用した実習を行いました。また、EK60の後継機種とされている広帯域計量魚探機の EK80も試用しました。

                                                                       実習の様子
                         
                                                                実習に参加された皆さん